液体レンズを用いた高速焦点追従投影システム


メディアアート、エンターテインメント,拡張現実の新展開を支える基盤技術として,プロジェクションマッピングが注目を集めています.しかし,従来のプロジェクタは被写界深度が浅く,ボケずに投影できる範囲が限られていました.そこで本研究は,高速ビジョン・高速プロジェクタ・高速可変焦点レンズを統合したシステムを新たに実現しました.

このシステムでは,瞬時に対象物体の奥行きを認識し,リアルタイムにプロジェクタの焦点距離を補正することが可能です.これにより,3次元的にダイナミックな運動する物体に対しても,すべての位置で投影像の焦点を合わせることができます.

この技術は,実世界上のあらゆる面を投影像で塗り替え,外観を自在に操作したり,情報提示をしたりする応用を様々な分野で展開するうえで,欠かせない技術になると期待できます.




参考文献